sachishiba.com > journal

Journalを読んで下さった皆さんからのコメント、歓迎です。

空の旅



数ヶ月間の仕事のアサイメントを終え、無事帰宅しました。今回の空の旅もなかなか大変でしたよ。これは主に昨日のテロ未遂によるセキュリティ強化のためでしたが、機内持ち込み物のルールがまた変更になり、それに伴い手荷物のチェックも厳しくなったため、時間がかかりました。乗る予定をしていたバスだと間に合わないと判断し、四時起床。五時半頃のバスに乗り無事に空港に着いたのはよかったのですが、朝七時頃の空港は既にごった返していました。

出る前に便をチェックしたところ一時間遅れということだったので、乗り継ぎ便に乗り遅れることが分かっていました。そのため、自動チェックインではなく人がいる所に並んで、便の変更をお願いしなければならなかったのですが、元々乗り継ぎ時間にそれほど余裕がない国内便が多いので、私と同じ状況の人が長蛇の列を作っていました。その時点ではまだ荷物のチェックインもしていなかったので、大荷物を抱えて列に並んでいる人が多く、密度が倍増。

係の人に事情を話すと、この日はどの便もほぼ予定通り運行していないので、乗り継ぎ便も遅れている可能性が高いということなので、取りあえず予定通りの搭乗券を発行してもらい、予備として乗り継ぎ空港から出る遅い便にも予約を入れておいてもらいました。荷物を預けセキュリティ・チェックの列に並んだのはいいのですが、係の人によると「30分待ち」だということ。そして、「液体類の機内持ち込みは禁止」というアナウンスがずっと流れていました。

この「液体類」ですが、飲み物類からシャンプー、サンスクリーン・ローション、ハンドクリーム、歯磨き粉など色々な物を含みます。今回私はチェックインする荷物があったので、そのような物は全てその荷物の中に入れておきましたが、出張などで飛行機に乗る人は手荷物だけの場合が多いので、困りますよね。案の定、いくつかのテレビの会社が出張らしい乗客にインタビューをしていました。例外は、赤ちゃんと小さい子供用の母乳とフォーミュラ、そしてジュース。それを透明のプラスチック・バッグに入れて持ち込むことはできるそうです。

私は水を持参していたので、それをセキュリティ・チェックの前に捨てました。チェックを通ってから朝ご飯を食べた時にまた水が必要になったのですが、搭乗の前にそれを捨てなければいけないことが発覚。これは、普段常に水ボトルを持ち歩いている私としては、非常に不便なことでした。それに空港で買ったこの水は、一本3ドル以上。全く暴利を貪っていますよね。このようにルール変更になったわけですから、短時間で飲みきれるように、空港ではもっと小さいサイズの水を低価格で売るべきだと思いませんか。

さて、問題の遅れた飛行機ですが、最初は予定通り出発と出ていたものの、その後やはり1時間ほど遅れると連絡がありました。遅れるならゆっくり本でも読んで待っていようと思ったのですが、搭乗口付近の待ち合い席は既に一杯。それで、少し離れた静な場所で本を読んでいました。出発予定時間の30分前が搭乗時間ですから、その頃に搭乗口付近に行けばいいと思っていたのですが、アナウンスを聞いていたら私の乗る便の搭乗が始まっているとのこと。慌てて搭乗口に行ってみると、遅れた時間から30分早くなったとのことです。飛行機は、本当に分からないものですね。まあ、早くなるぶんには構わないのでそのまま乗りましたが、私は最後の数人の一人でしたよ。

さて、乗り継ぎ空港での便ですが、それも少し遅れていたせいで結果的には乗れました。しかし、最初の便とは違うターミナルから出発することになっていたので、全速力で走りましたよ。空港ではこういうことがあるので、空の旅の時はいつも「走れる」服装をしていますが、今回はそれに加えて手荷物がバックパック一つだけだったので、身軽でした。まあ、身軽と言ってもその中にはラップトップが入っているわけですから、それほど軽いわけではありませんでしたが。それにしても、飛行機に乗るために走らないと間に合わないようなスケジュールを組む航空会社に、私は非常に疑問を感じますね。しかし、便に遅れがなければ、待ち時間30分というのは悪くはないのですが。

予定通りの便に乗れたので預けた荷物も無事回収でき、今回は比較的問題のない旅になりました。しかし、前日からほとんど寝ていない状態で空港に着いたので、飛行機の中ではほぼ寝てばかりでした。離陸の前にはもう寝入っていて、気がついたら着陸していたという感じです。

家に着いてドアを開けると幸が出て来て、いつものように「耳パタ」+「尻尾高速ベーグル・ダンス」で歓迎してくれました。数日前から毎年恒例の夏のアレルギーの症状が目に出始めたという報告を受けていて、目の回りが爛れたようになっている以外、幸はとても元気そうです。ただ、爪を切ってもらっていなかったせいで、狼爪が伸びていて、それで目の回りを掻いた時に傷を作ってしまったようです。右目の瞼の一部が瘡蓋になっていました。瘡蓋が取れてもしばら禿げたままだと思いますが、まあ、目自体に傷が付かなかっただけよかったです。荷物の片付けの合間に、早速幸の爪を切りました。数ヶ月切らないとこんなに伸びるものかと思うほど伸びていましたよ。パッドの間の毛もフサフサしていたので、短くカットしておきました。

夕方家に着いて荷物の片付けと大洗濯をし、溜まっていた郵便物の中でどうしても目を通さなければならないものを読み、家の中を少し片付けたらエレルギー切れになりました。続きは後日ですね。数ヶ月不在後の後始末は、結構大変です。
2006年08月11日(金) No.415

No. PASS
OR AND
スペースで区切って複数指定可能
<< 2006年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2006年08月11日(金)


OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.45