Archives for September 2006

Bark in the Park! (1)

301.jpg

今朝9時の気温、摂氏だと2度。家の中はもうずいぶん前からヒーターが付いていますし、寒かった職場にもヒーターが入るようになりました。しかし今日は、見事な秋晴れ。本当に気持ちがいい日で、こんな日があるからこそこの土地の長い冬にも耐えられるのですよね。

毎年9月の最後の土曜日には、幸の住んでいる地域でBark in the Parkという犬が集まるイベントが行われます。幸がまだ小さい頃からだいたい毎年参加してきた行事ですが、今年も様子を見に行って来ました。実は、今年は幸を連れて行かないことにしようと思っていたんです。これはもちろん幸の膝が心配だったためで、多数の知らない犬と挨拶したりする時にピョンピョン跳ねないという保証はないですからね。しかし、もし柴犬に会った時に幸にも会わせたかったので、連れて行くことにしました。結局今年は柴犬は一頭も見かけなかったんですけど。

今年は私達が出かけたのが遅かったせいだと思いますが、会場に着いた時には既に大盛況でした。まずは車を止める所を探すのに手こずりましたねぇ。しかし、今までは知らなかった駐車スペースを発見して、ちょっと得した気分に。幸は会場に着くなりお仕事を一通り終わらせ、キョロキョロ・モードに。私もキョロキョロしながら大小様々な犬達を見てみました。いつものように、ショー・リング二つ、アジリティ・リング一つ、そしてCGC(Canine Good Citizen)のテストのリングが一つ、計四つ用意され、その回りには出店が少しと「アイスクリーム早食い競争」などの楽しい競技が行われていました。

ちょうど私達が着いた時に始まった「トリックが上手な犬」の「競技」を見ていたのですが、今年はHow did you teach that!(一体どうやって教えたの?)というレベルのものはありませんでした。それでそこから移動して、アジリティのリングを何気なく見ていたのですが、そこには知っている顔がワンサカ!幸のクラスがそのまま移動して来たのではないですかというほど、メンバーのほとんどが揃っていました。幸が参加しているのは競技オビーディエンスのクラスですが、このクラスに参加している犬達は幸以外全てアジリティでも活躍しています。そのため「せっかくコースが設置してあるのだから、走ってみましょう」ということだったのでしょう。走ったりジャンプしたりできない幸と私は、クラスメートの走りを見ていたのですが、その時に撮った写真を後から見たら「クラスメート紹介」ができそうなので、そうすることにしました。

まずは、トレーナーのCさん。この人は競技オビーディエンスとラリーのトレーナーなのですが、ラブのブリーダーでもあります。今日連れて来ていたのはブラック・ラブのDちゃんで、この犬はオビーディエンスのCD(コンパニオン・ドッグ)、ラリーの一番上のRE(ラリー・エクセレンス)のタイトルを持っているはずです。この犬のアジリティの経験に関しては知りませんが、この写真でも分かるようになかなかいい走りをしていました。

302.jpg

こちらは、Cさんとその犬のイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(ESS)のHちゃんです。Cさんは、幸のことを仔犬の頃から知っている人。ESSのHちゃんは、今年初めてのリッターを生みました。妊娠・出産・育児というトラウマティックな経験からもすっかり回復し、今はまたオビーディエンスやアジリティを楽しんでいるようです。ハンドラーのCさんは、アジリティのトレーナーでもあります。

303.jpg

このシェルティHちゃんも、幸とずいぶん長く一緒にクラスを受けている犬です。ハンドラーはSさん。この犬も前述のESSも元々はアジリティ・ドッグなのですが、アジリティのスキル向上のためにオビーディエンスも練習していて、現在どちらもCDXタイトルの二レッグぐらいだと思います。競技オビーディエンスのクラスは、通常犬種が限られていて大きい犬が多いのですが、幸は体の大きさが似通っていることから、このシェルティHちゃんとよくパートナーになって練習しています。

304.jpg

こちらはブラック・ラブのR君とそのハンドラー。このブラック・ラブは、CDも全レッグ入賞でしたし、CDXも限りなく200点に近い点数を取っていました。幸よりもずいぶん後に競技オビーディエンスのクラスに入って来たのですが、どんどん上手になっています。今年の夏はアジリティも練習していたということで、その成果を見せてもらいました。楽しそうにやっていますよね。

305.jpg

ウィーブ・ポールも上手にこなしています。

306.jpg

こちらは、オーストラリアン・シェパードのBちゃんとハンドラー。この犬がクラスに加わった当時は、吠えたり他の犬を威嚇したりで結構問題があったのですが、一歳半を過ぎた今、かなり落ち着いて来ました。オビーディエンスだけでなく、アジリティも楽しんでいるようですね。

307.jpg

こちらもオーストラリアン・シェパードなのですが、クラスではしばらく会っていませんでした。しかし、同居犬がパピヨンというおもしろい組み合わせなので、よく覚えています。この犬とハンドラーが何をしているかですが、CGCのテストを受けているところでした。この犬は競技オビーディエンスのクラスに入っていたので、CGCは当然持っていると思っていたのですが、そうではなかったようですね。もちろん、無事合格。車椅子に座っている人は、CGCの検査官です。足が悪いわけではないのですが、車椅子やウォーカー使用の人にも犬がびっくりしないかどうかのテスト中だったわけです。

308.jpg

幸は、クラスメートの犬達とも遊べなかったしアジリティのコースに挑戦してみることもできなかったのですが、この会場付近をゆっくり散歩しました。これはその時に撮った写真ですが、ほとんど保護色?

309.jpg

今日の幸飯:

雉肉、雉内臓肉、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリ、セロリ、リンゴ、パセリ、キャロブ、ケルプ、アルファルファ、生姜、ガーリック、アップルサイダー・ビネガー、サプルメント

September 30, 2006 | Sachi | Comments Off

September 2006
S M T W T F S
    Oct »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)