犬本&DVD

291.jpg

今日の最高気温、摂氏マイナス4度でした。幸と夕方の散歩に出た時は、摂氏マイナス8度。露出している耳が痛くなり、手袋をしている指先がかじかむ感覚を久々に経験しました。こういう時は、ジャケットのフードを被って耳を覆い、手袋の中で「ドラえもんの手」にして、指先が温まるのを待ちます。まあ、効果はあるようなないような感じなのですが、指を広げておくよりも暖かく感じますね。今晩の最低気温は、摂氏マイナス13度の予報。コロラドの方はまた雪嵐で大変なようですが、こちらは雪はさっぱり。12月下旬だというのに、いまだに地面が露出している部分があるほど。これは、北ニューイングランド地方としては、かなり異常です。まあ雪かきをしなくて済むので、非常に助かっていますが。

今年もクリスマスにもらったプレゼントは、犬関連のものが結構ありました。まあ、犬好きである私のことを考えると、当然プレゼントの選択はその路線になるのでしょう。それは全く構わなくて、今年も色々楽しませてもらいましたよ。

まずは、犬関連のDVD。この上の写真のものですが、「The Ultimate Guide イヌ」というタイトルになっています。実はこれは、米国で放映されたDiscovery Channelの番組をDVDにしたものなのですが、プレゼントしてくれた人はこれを日本で買ったそうです。アメリカのテレビ番組をリージョン2のDVDでアメリカで見るというのも変な話なのですが、私は普段全くテレビを見ないので、もちろんじっくり見せてもらいましたよ。しかし、やはり言語は英語を選択。選択肢には当然日本語もあるのですが、日本語で聞いていても「英語では何と言っているのか」が気になるので、結局オリジナルの言語で見ることに。せっかく日本で出版されたDVDを見る価値が全くないのですが、まあよしとしましょう。

内容は、なかなかおもしろかったです。この番組を見ると、「犬とは何ぞや」が理解できそうです。そして「イヌ」と一口に言っても、大きさから形に至まで、その多様さには驚かされるほどだということに気付きます。しかし、チワワもグレートデンも、同じ「イヌ」としての遺伝子を持ち合わせているというのは、当然のことですが非常におもしろいと思いました。

さて、犬本の方はこちら。『あなたの犬バカ度を測る10の方法』(ジェニー・リー著、木村博江訳、文春文庫、2006)です。

292.jpg

これは、What Wendell Wants: Or, How to Tell If You’re Obsessed with Your Dog (Delacorte Press, 2004)の日本語訳。筆者と愛犬ウエンデルの関係について書かれたエッセイなのですが、犬好きなら誰でも共感できる部分がある類いのもの。しかし彼女の犬バカ度は、「ちょっと神経症入っちゃってる?」というレベルのもので、私はこの本を読んでいて、「いくらなんでも、そこまではしないなぁ」と思う部分が多々ありました。まあ、皆自分の犬にはこだわりがありますから、そうしたいならすればいい訳ですが。

この本は、絶対に英語で読んだ方がおもしろいと思います。原本を読んでいないので想像のみですが、かなりおもしろい文体で書かれていそうです。翻訳でもそれが伝わって来るのですが、それだけに元の文章を読んでみたくなるんですよね。またこの本には、アメリカに住んでいないとなかなか分かりにくいと思われる商品名やお店の名前などが頻出します。プロなのですから当然ですが、これらもかなり正確に訳されていました。しかし中には、「一体これは何ですか?」という訳のわからないものもあり、それもあって原本が読みたくなったのですが。

今日の幸飯:

ウサギ肉、ウサギ内臓肉、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリ、セロリ、リンゴ、パセリ、キャロブ、ケルプ、アルファルファ、生姜、ガーリック、サフラワー油、サプルメント

December 29 2006 | Dog Books & Movies | Comments

Comments are closed.

December 2006
S M T W T F S
« Nov   Jan »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)