Archives for May 2007

声をかける人々

311.jpg

幸と散歩していると、色々な人から声をかけられます。私が、この辺では見慣れない犬種を連れて歩いているからだと思いますが、まあ皆さん色々なことを訊いてきますね。先日は、幸の姿を見かけると満面の笑みで近づいて来た男性がいて、私の許可を得てから幸を撫で回し、自分の犬について語り始めました。

犬種を尋ねるとミックスだとのこと。どんな犬種のミックスなのか訊いたのですが、「ジャーマン・シェパードとロトワイラーの子犬だ」というので、「じゃ、大きな犬になるでしょうね」と答えました。しかしその後で、「...だけじゃなくて、ラブも入っているし他にも色々ね」と言うのでびっくりしてしまいましたよ。どうするとそこまで複雑なミックスができるのでしょう。これだけ色々入っているということは、最初は純血種+純血種からできたミックスの子犬がいて、その犬に不妊手術(メス・オス共に)を施さなかったために、ミックス+純血種/ミックスの子犬ができて...という過程を繰り返し経たのだと思いますが、私は積極的な意味でも消極的な意味でも、ミックスを作り出すことには反対です。

英語ではmutt(マット:雑種犬)と言いますが、ミックス犬もかわいがってくれる人がいれば引き取り手に関しては問題ありません。しかし、複雑なミックス犬の場合、将来どのぐらいの大きさになるか、血を引いている犬種の悪い素質を引き継いでいないか、遺伝的な疾病がないかなどが、純血種に比べると非常に分かりにくくなるわけですよね。そのような子犬を引き取るにはリスクがありますし、一度引き取っても「こんなに大きくなって手に負えない」などの理由で、途中で手放すケースもあるはずです。

ですから、ラブラドゥードゥルなどの「デザイナー・ドッグ」、と言えば聞こえはいいですがつまりは雑種を、わざわざ純血種から積極的に作り出すのは、どうもその意図が分かりません。恐らく、「世界に一頭だけのあなたの犬」のようなうたい文句で売り出して、法外な利益を得ることが目的なのでしょうが、そのような「ブリーダー」はパピーミルとなんら変わりはありませんよね。つまり、需要さえあれば、犬の物理的、精神的な健康は二の次で、外見さえ珍しい犬を作り出せばそれでいいということでしょう。これは需要があるから供給があるわけで、消費者の方がその姿勢を変えて行かない限り解決されない問題であると思います。つまり、外見が珍しい犬を連れて歩きたいことが、あなたが犬を飼う目的なのかどうかということです。

さて、話を「声をかける人々」に戻しましょう。幸との散歩中に、知らない人から声をかけられることは頻繁にあるのですが、一人で歩いている時にもそういうことが時々あり、その度に「都会ではあまりないだろうね、こういうこと」と思ってしまいます。

昨日の例は、郵便局に行こうと思って信号待ちをしていた時のこと。40代ぐらいの白人女性がニコニコしながら近づいて来て、いきなり「そのスカート、この辺で買ったものじゃないですよねぇ。ニューヨーク市あたり?」と訊いてきました。信号待ちをしていて、まさかスカートをどこで買ったか訊かれるとは思っていなかったので、一瞬動揺したのですが、何だか長閑なこの町のこと。私もこの土地の気質にすっかり染まっているようで、「えっと、どこでしたっけねぇ」と言いながら、スカートくるくる回してのタグを確認してしまいましたよ。

大都会だったら、こんなことを知らない人に訊くこともないと思いますし、訊かれても「失礼な人だなぁ」と警戒してしまうかもしれませんよね。

今日の幸飯:

鹿肉、鹿内臓肉、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリ、セロリ、リンゴ、パセリ、キャロブ、ケルプ、アルファルファ、生姜、ガーリック、サフラワー油、サプルメント

May 31, 2007 | Thoughts | 6 Comments

May 2007
S M T W T F S
« Apr   Jun »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)