Archives for March 17, 2009

Vet

171.jpg

予約をしてあったので、今日は午後から獣医の所へ。昨年12月にケンネルに預けた時に、ボーデテラのワクチンの有効期限(実際にワクチンが働いているかどうかではなく、「半年間有効」とされているもの)が数日ですが切れていて、幸をケンネルに預けられないかも、という危うい状況になったことがあったことがありました。急にケンネルに預けなければならないということがあったら困るので、しておかなければと思っていたのですが、ずっと忙しくて今になってしまいました。それから、しばらくしていなかったので、尿検査もしてもらうことにしました。

尿検査の方は、「朝一の尿を採取して下さい」と言われていたので、それを実行。渡されていたのは、尿採取用のプラスチック・トレー、シリンジ、そして採取した尿を入れる容器。採取した尿をすぐに獣医の所に持っていけないので、どのぐらい「保存可能」か訊いてみたら、5、6時間だったら冷蔵保存で大丈夫とのこと。そうしましたよ。

1月の「アーモンド事件」の時に、幸は皮下に生食を注入されるという体験をし、それがかなりトラウマになっているようです。まだ獣医のオフィスに着いていないうちから、そちらの方向に向かっていると分かった幸は車の中で騒ぎ始めました。それまでは、獣医のオフィスでは皆にかわいがってもらえるものだから、いそいそと入って行ったのですが、今回は回れ右をして帰ろうとしていましたよ。とにかく、診察室で脱糞、という恥ずかしいことをしないように(過去にあった)、幸を空っぽにしておくことにしました。

この病院の回りは大きな駐車スペースになっているのですが、色々な動物の匂いがするのでしょうね。幸はここに来ると、本当にスムーズにお仕事をします。今回もまず#1をして、数歩歩いてすぐに#2というスムーズさ。いつもこんな風にしてくれると、お仕事の場所を求めて延々に歩くということをしなくてもよくなるんですけどね。

幸は過去に注射で入れるタイプのに副反応が起こったことがあり、それ以来ボーデテラは鼻からの注入タイプのにしているのですが、これがかなり大仕事。それはそうでしょう。鼻の穴に変な物を注入されるわけですから、大人しくしていろという方が無理ですよね。いつもマズルをして、テクニシャンの人に押えてもらい、私は幸の気をそらすという段取りでするのですが、今回は獣医がマズルをしようとするのにも抵抗しました。よほど嫌われてしまったようです、この獣医。

幸は私がすることには抵抗しないので、マズルは私がはめることに。そう大変なことではないんですよ、幸を落ち着かせれば。ツルツル滑る診察台の上に乗せられて、大人が三人で幸を押さえつけようとするので、幸は怖くなるのでしょうね。だっこして話しかけながらすれば、別に嫌がりません。今回は、鼻への注入も一発で成功して、無事終了。尿検査の結果も問題なく、診察費を支払って帰途につきました。

理想的には、誰に何をされても抵抗しない犬だったらいいのですが、それもまた問題かもしれません。ある程度の知能レベルのある生き物だったら、自衛本能があるはずで、何か怖いことをされそうだと感じた場合、抵抗するのは当然のことです。しかし、獣医をあまり怖がるのは困りものであることも事実。怖がるにはそれだけの経験が過去にあったからなのですが、犬もよく覚えているものですよね。

March 17, 2009 | Health | Comments Off

March 2009
S M T W T F S
« Feb   Apr »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)