Archives for April 27, 2009

Tick

271.jpg

今朝幸の背中を何となく撫でたら、何かプニッとするものが手に触れました。嫌な予感がしてよく見てみると、やはりダニ。その時は職場にいて、ダニ除去用の道具(消毒用アルコールとトゥイザー)がなかったので、何か代わりになるものがないかなどと考えていたのですが、はっとしてしました。

私は、ダニを見てこれはどの種類のダニと即座に判断できるほどダニに詳しいわけではないので、幸の背中についているのが何ダニか分かりません。これがもしマダニ(deer tick)だったら、ライム病の心配が出て来ます。幸は、数年前にライム病のワクチン接種後酷い副反応が出て以来、ワクチンの接種をしていないので、マダニに刺されるというようなことがあると、非常に心配なわけです。

それでダニの写真を探してみたのですが、同じダニでも膨らみ具合によって姿が全然違って見えたりして、あまり役に立ちません。道具もないしダニの種類も分からないので、獣医の所に電話をかけました。消毒する道具がないなら、連れて来た方がいいということなので、急遽獣医の所へ。テクニシャンの人がまずダニを見てくれて、マダニではなくブラウン・ティックだろうということになり、消毒してから除去してくれました。そのダニはまだ元気に動いていて、幸の皮膚から引っぱり出されてジタバタしていましたよ。

テクニシャンによると、恐らく幸についてから二日ぐらいだろうということなのですが、一体どこでついたのでしょうか。ちょうど二日ほど前に、気温が摂氏で30度ぐらいになるという極端に暑い日があったので、その頃に、今まで眠っていたダニが一斉に活動を始めたのかもしれません。幸は、フロントラインのようなダニ/ノミ防止用の薬にも使う度に反応してしまったことから、二歳頃からはそのような薬品を一切使っていません。気温が上がっている時は、なるべく森には近づかないなど気をつけているのですが、ちょっと油断していたのがいけなかったようです。

このダニ除去ですが、費用は5ドルでした。職場からドラッグストアにアルコールとトゥイザーを買いに行って自分で除去することも考えたのですが、ダニの種類も確認してもらえたし、獣医の所に連れて行って正解でした。幸はいつものように、動物病院の敷地に着くなりお仕事を済ませ、すっきりした顔でダニを取ってもらっていました。それにしても、なぜあそこに行くとお仕事をしたくなるのでしょう?今日は朝結構早い時間でしたし、普段ならお仕事をするようなことはないのですが。匂い?条件反射?不思議です。

夜家に帰ってからもう一度消毒した時に見てみたら、こんな風になっていました。幸自身は全く気にならないようですが、しばらく気をつけておくことにします。

272.jpg

April 27, 2009 | Health | Comments Off

April 2009
S M T W T F S
« Mar   May »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)