Tokyo Olympiad

241

ここ数日、『東京オリンピック』(市川崑監督、1965年)という映画を見ています。これは、1964年に行なわれた東京オリンピックのドキュメンタリー映画なのですが、170分と長い作品なので、数日かけて少しずつ見ているわけです。

オリンピックは、興味のある競技もありますが、その競技の様子が放送されている時にテレビの前にいられないことの方が多いので、ちゃんと観戦したことがありません。ですから、この映画のように開会式から始まって色々な競技が見られるようになっていると、「ああ、なるほど。こんな風になっているのね」と様子がよく分かります。特に、ドキュメンタリー映画の場合は、ただ単に競技の様子を放送しているわけではなく、監督の視点が入っているので、それもなかなか興味深い点です。

今も同じですが、選手達は開催国まで遥々遠征して、そこで持つ力を出し切らなければならないというのは、かなり過酷なことですよね。まずは時差に始まり、気候も全く違う国だと、体のコンディションを保つだけでも大変そうです。オリンピックの場合は特に、自国の期待も大きいことから、個人的に参加する競技会と比べるとそのプレッシャーはかなりのものだと思います。それに、この映画を見る限りだと、天候がそれほどよくなかったようです。10月の東京というと、なかなかいい季節だと思いますが、オリンピック開催中は結構雨が降っていたようです。そんな中で行なわれた走り幅跳びなど、足場が悪くて大変そうでした。

何でもそうですが、人間が何かを一生懸命にやっている姿というのは、美しいですね。

October 24 2009 | Film | Comments

Comments are closed.

October 2009
S M T W T F S
« Sep   Nov »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)