やはり反抗期?

ドイツにいる、幸希のリッターメイトのセナちゃん、今反抗期だそうです。今回被害に遭っているのは、お世話係りではなく同居犬の赤柴アスカちゃん。アスカちゃんは年上であるだけでなく体も大きいので、セナちゃんがガウガウ言っても相手にもしないのですが、セナちゃんは調子に乗ってかなり大きな態度に出ているようですよ。

実は、私も何となく嫌な予感がしていたんです。数週間前から幸希がコマンドに従わない時があったり、子犬の頃にしていてもう治ったと思っていた悪い癖が出たりと、そういう兆候があったためです。

一歳頃までは、「良い子周期」と「悪い子周期」が三か月ごとに繰り返されるということを知り、今年の6月に一歳の誕生日を迎えた時に「やれやれ」と思ったのですが、さすが花梨ちゃんの子達。そんなにすんなりと「良い子」になるわけではないようです。

6月から9月頃までは、幸希はなかなかいい子でした。それで油断していたこともあるのですが、10月に入ってから私に挑戦的な態度を取ったり、どこまで私が我慢できるか窺っているようなことをしたりと、またおでこに「超悪」のレッテルを貼られるような行動が目立っています。

幸も、一歳頃までは人間に挑戦して来ることがありましたが、こちらがはっきり「NO」と言えばそれ以上のことはしませんでした。幸希は、こちらがそういう態度に出ると逆ギレしたりするので注意が必要。時には厳しく、時にはおだてたり、色々な方法でコントロールしようとしています。

お母さんの花梨ちゃんが落ち着いて来たのは、二歳の誕生日を過ぎてからだったということだったので、まだしばらくこの周期が繰り返されるのかもしれません。まあ、これも成長する過程で通らなければならない道なので、仕方がありませんね。

October 24 2013 | Saki | Comments

Comments are closed.

October 2013
S M T W T F S
« Sep    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Navigation

Recent Posts

Categories

Recently Commented

Archives

Meta

Search

Search Shiba Inu Sachi


New Hampshire Forecast



today:   yesterday:

(since 09/03/06)